吸玉・カッピング

オプションメニューの中から【吸玉・カッピング】のご紹介です。

吸い玉・カッピングは、数千年の歴史をもつ伝統療法の一つです。

インドのアーユルヴェーダの古典でも、この療法の記載が確認できます。

現在は、「鍼灸療法」と並んで、中国の民間療法として知られることが多いようです。

「吸玉療法」は「吸角療法」、「抜管療法」とも言われ、英語圏では「バンキー」、韓国語では「プハン」とも呼ばれます。

ガラスやプラスチック、シリコン製などのカップを皮膚に当て、中の空気を抜き、吸い上げていきます。

カッピング・吸い玉

これにより…

  • 血液・リンパ液の還流を促進します。
  • 瘀血を取り除きます。・筋膜の癒着を解き、こりを和らげます。
  • 五臓六腑の盛衰を予測することができます。
  • 自律神経を整える効果が期待できます。

写真を見ると、ちょっとビックリされますが、トリートメントを受けている時は、そんなに痛みは感じません。

凝り固まっている筋肉が吸われている感じが「きもちいぃー」くらいです。

ただしご注意!

吸玉の丸い跡が残ります!

最近ではメディアでも紹介されることが多く、水泳のマイケル・フェルプス選手が、試合の時に、背中や肩に赤紫の丸い跡があったことで話題になりました!

また、海外セレブが背中の大きくあいたドレスからカッピングの跡をのぞかせている画像を見ることもあります。

アロマとハーブとPhytoLabでは、
オプションメニュー【吸玉・カッピング(10分)¥1,620】として、お受けいただく事ができます。

さらに、

  • 痩身効果を期待している。
  • 肩こりや腰痛を改善したい。
  • 冷えやむくみを改善したい。

このような効果を希望される方に、
【吸玉・筋膜スライドカッピング(30分)¥3,240】は、おすすめです。

【筋膜スライドカッピング】は、吸った状態のカップで筋膜を緩めながらスライドさせて施術します!

ただし、こちらもご注意!

セルライトが多く、冷えている箇所は、より痛みを伴います。

また、瘀血があり、凝りがひどい箇所は、よりカッピングの跡が残りやすくなります。

これまで、カッピングを受けた方々からは…

  • 吸われている感覚は、肩のこりを外されているようで気持ちがいい!
  • 太もものセルライトが潰されている気がする!
  • 終わった後はじんじん温かくなる!

などのご感想を頂いております。
初めてのみなさまも、ぜひお試しくださいませ。

関連記事

  1. バタフライピーブレンド・蒼のお茶

    夏限定 バタフライピーブレンド【蒼のお茶】絶賛発売中!

  2. 私達のサロンが目指す日常

  3. 9月の限定コース・長月のケア

    「長月のケア」9月限定コース

  4. アロマテラピートリートメント

  5. よもぎ(ハーブ)蒸し

  6. アーユルヴェーダ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。