美味しくて心と体にいいハーブティーの淹れ方

いつもPhytoLabをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
この春【PhytoLabオリジナルブレンドハーブティー】のメニューがリニューアルしまた。
そして、サロンにお越し頂けなくても、オンラインでもハーブティーをお求め頂けるようになりました。

そこで、ご自宅や職場でもサロンと同じようにハーブティーをお飲み頂けるように、ハーブティー淹れ方をご紹介いたします。 

ハーブティーの飲み方には

嗜好品として美味しく飲む。
体調などを整える目的でとしてメディカルハーブとして飲む方法がございます。

アロマとハーブとPhytoLabのハーブは、心身のコンディションを整える目的の「メディカルハーブ」の要素を考慮してブレンドさせて頂いております。
ですので、一般的なハーブティーよりしっかりと抽出します。
一方で、お客様は「サロンで飲むPhytoLabのハーブティーは美味しい」と仰ってくださいますので、美味しくて、心にも体にも良い、ハーブティーの淹れ方をご紹介いたします。

1.ティーカップ1杯分(150cc)程度に対して、大さじ1杯分くらいのハーブをご用意ください。

重さでは3g程度ですが、カモミールやペパーミントのように軽くふわふわして茶葉はこんもりと山盛りに、ローズヒップやダンデリオンのように堅くずっしりしたハーブはすり切れ1杯分が目安です。

2.沸騰から一呼吸おいたくらいの熱湯(98)を、茶葉全体に行きわたるように注ぎます。

電気ポットの場合、高温設定で保温したお湯を使いましょう。
お湯を注ぐ際は、カップやティーポットの中で、ゆらゆらと茶葉が泳ぐくらいの方がしっかりと抽出できます。
お湯を注いだ後は、ハーブの香りが逃げないように素早く蓋をします。

蒸らし時間は3~5分程度です。
花や葉は3分、根は実など堅いハーブは5分が目安です。


3.蒸らし終えたら茶葉を取り出します。
蒸らし終えたら、フィルターを取り出す際にハーブのうま味を成分や有効成分を残さず出します。
スプーンの背中で軽く押して絞るようにすると、しっかり抽出できます。
これで美味しいハーブティーが出来上がりです。温かいうちにお召し上がりください。

抽出したハーブティーはお早めにお召し上がりください。保温ポットなどで外出先にお持ちになられる場合も、当日中にお飲みください。
アイスティーの場合は、2~3倍ほど濃く抽出し、氷を入れると、美味しいアイスティーが出来上がります。

ぜひ、ハーブティーで日頃から心身のケアをなさってくださいませ。
ご体調に合わせたブレンドハーブについてもお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. 「アロマの日」11月3日

  2. PhytoLabのワークショップ【アーマパーチャナプログラム…

  3. アロマクラフト】アロマスプレーでウイルス対策

    【アロマクラフト】アロマスプレーでウイルス対策!

  4. 私達のサロンが目指す日常

  5. PhytoLabみくじで1周年感謝祭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。